ティール時代を生きるあらゆる組織の方々へ

「ティール組織」発売から2年…ホームズビー主催の探求プログラム始動!

深い学びの旅を一緒に歩み始めませんか?

“人類は物事を早く進められるようになったが、その結果自分自身を孤立させた。豊かさをもたらした機械のおかげで、もっと欲しがるようになった。知識によって人は懐疑的になり、知恵によって頑なで不親切になった。考えすぎる一方で、感情的になることは少ない。機械よりも、人間性が必要なのだ。知恵よりも、親切さと優しさがほしい。

でなければ、人生には暴力だけが残ってしまう。”~チャールズ・チャップリン~

 

“目の前の現実と戦っても何も変えることはできない。何かを変えたければ、

今あるモデルが時代遅れになるような、新しいモデルをつくるべきだ。”
~リチャード・バックミンスター・フラー~

 

人生の究極の目的は成功したり愛されたりすることではなく、自分自身の本当の姿を表現し、

本当に自分らしい自分になるまで生き、生まれながら持っている才能や使命感を尊重し、人類やこの世界の役に立つことなのだ。”
~フレデリック・ラルー~

ともに旅する仲間ともっと出会いたい。それが私たちがこの講座を通じて願っていることです。

 

ティール組織の日本語版がでて2年が過ぎ、そろそろタイミングが来ているかもしれないと思いこのセミナーシリーズを始めました。

コロナ禍をはじめとする、大きな時代の揺らぎがもしかしたら私たちを後押ししてくれたのかもしれません。

 

フレデリック・ラルーが大切に育て上げたこの「ティール組織」という考え方を触れる人たちに深く共有したい。それが私の情熱です。

それが私たち一人ひとりがこの生まれてきた時代を味わい、人と人が共にある喜びを感じ、そして他の生命や地球と共に調和な世界に生きていく大きな旅路の始まりになると信じているからです。

 

ティール組織の考え方は想像を超え、多種多様な業種・業界・世代に広がっています。その広がりは私たちに希望を与える反面、表層的な理解による混乱、まだ社会の基盤が整っていない中の組織の進化のチャレンジは多くの困難を生み出しているともいえる状況です。

 

この講座を通じて、組織がその生まれた目的のために花開くこと、そして働く一人ひとりがこのビジネスの世界で自分を失わず、彩り豊かな一人ひとりの人生の旅路が進めるような、希望の道すじが見えることを願います。そして集まった人たちが手を携えて新しい社会づくりに進んでいく事を願っています。

 

是非、一緒に旅をはじめましょう。                       

 

場とつながりラボ home's vi

代表理事 嘉村賢州

 

▶︎よりよく知りたい方はこちらへ

・オンラインセミナーシリーズを始めるにあたっての想い。~これまでの経緯とこれからの展望(準備中)

フレデリック・ラルー回想録①一番忘れたくないもの

特徴

このセミナーを通じて達成したいこと

ティール組織について深いレベルでの理解を得ることができている

②自らが学び・実践していく上でどういったプロセスが必要なのか全体像が描けている

③自ら変容の旅に出発できている

こんな人におすすめ

  • ・既存のマネジメントや組織運営に限界を感じている   
  • ・人生の変容の旅をはじめたい、きっかけや仲間をみつけたい
  • ・ビジネス以外の領域でもティール組織の学びを活かしてみたい  
  • ・本は読んだけれど何から始めればいいかよくわからない  
  • ・本には書かれていない話が聞きたい 
  • ※以前に嘉村の講演会(1時間以上)のものを聞いたことがある方には重複した内容がございます。 

セミナープログラムのご紹介

 

「ティール組織」という概念が生まれた背景、およびその根底に流れる世界観を理解することで、ティール組織の本質と全体像をつかんでいきます。また実際に組織の進化の旅路を始めようとする人たちが、どのようなプロセスで歩みを進めればいいかの道しるべとなるような講座を目指します。

日時:下記スケジュールを参照してください

場所:オンライン(ZOOM)

内容: 

ティール組織の世界観

組織の発達の歴史

ティール組織の3つの突破口と各種事例のダイジェスト

④ティールを実践する上での全体地図

⑤探究実践のポイント

⑥Q & A

⑦ホームズビーによる実践サポートについて 

 

※ティール組織を読んだことがなくても参加可能です。

質疑応答や対話の時間がありますので、マイク付きの環境で参加できるようご準備ください。

 

 

 

 

各論ではティール組織の3つの突破口である

①存在目的(evolutionary purpose)

②全体性(wholeness)

③自主経営(self-management)

に関してよくある誤解や、具体的な実践に踏み込んで解説をしていきます。またティール組織の事例に関しても、より詳細に解説していきます。ティール組織の本では記載されていないフレデリック・ラルー氏の知恵を分かりやすく解説していきます。

 

※詳細はカリキュラムが整い次第公開していきます。

※各論は概要編受講者および他の嘉村が行った講演やワークショップ(45分以上の嘉村の講座が含まれているもの)体験者のみ受講できるものとします。

 

 

このプログラム位置づけ

「ティール組織を知って、今の組織を改善したい、 新たな変革の旅路を始めたい、と思った多くの人にとっての”入り口”を用意したい」という想いでこのプログラムを立ち上げました。重きを置いているのは、ティール組織に関する誤解を解き、組織の進化のプロセスに関する理解を深めることです。今後私たちは、組織の進化を目指す多くの企業や団体・個人に対して様々なプログラムで貢献していきたいと考えていますが、今回のオンラインセミナーシリーズでは、特に「知識面」を中心にプログラムを構成しています

 

ティール組織的な組織の進化のプロセスでは、時に知識よりも、一人ひとりの内面の探求や知識の体現といった実践的内容が重要とされています。しかし現状、日本での急速なティール組織のブームにおいては、最低限の理解にも届いていない誤解や表層的な解釈も残念ながら広がっているように感じています。このセミナー群ではティール組織へのイメージや思い込みを脇に置いて、旅路をともにする仲間との深いレベルでの共通認識・共通言語を獲得していくことをメインの目的にしています。この入り口としてのセミナーが安定的に展開された後は、より実際の旅路に必要となる内省や探求、具体的なコミュニケーションや組織プラクティスを探求するようなプログラムも用意していきたいと思いますの楽しみにしていてください。

 

また、今回はコロナ禍において実際に集まってのワークショップの開催が難しいこと、また多くのセミナーが関東での開催が多く、日本のあらゆる地域の関心がある人たちにティール組織の英知を届けたいという二つの想いもあり、オンラインセミナーとしての開催を決めました。今の状況が落ち着いたら、また皆さんと顔を合わせて、体感でも学べるワークショッププログラムも開催していきたいと考えています。

 

参加費について

参加費に関して、私たちは一つのチャレンジをしようと考えています。

 

ティール組織の著者フレデリック・ラルー氏は著書や100本を超えるビデオシリーズ、そして世界の経営者向けのコンサルティングも、払いたい金額を払うギフトエコノミー方式を取っており、私たちは深く感銘を受けました。

 

home's viでも、社会への思い・人のやさしさが循環していくような流れをここから生み出すチャレンジをしていきたい。そこで今回は、講座参加された方たちに、実際に得られた学びの深さや体感をベースに価値を決めていただく、あと決め・あと払い・あとギフト方式をとらせていただきたいと思います。

 

そのうえで、みなさまからの参加費の1割はフレデリック・ラルー氏への寄付をさせていただくことにします。

 

今回の『概論編』は超少人数制で実施することを前提に、参加費の目安を2万円と想定して準備を進めてきました。

 

しかしながら、その金額がハードルになって受講できない方が出てくるのは悲しいですし、このコロナ禍で活路を見出そうとされている方々に貢献したいという気持ちもあります。また、PAY IT FORWARD(恩送り・次の人のためのお金をギフトとして支払う)というような、講座そのものがやさしさの循環の中で広がっていくような流れを生み出してみたい、という願いもあります。

 

たくさんの経済循環があればあるほど、社会に還元できる活動が広がります。

私たちの日々の暮らしも支えられ、より思いを込めて一つ一つの仕事に取り組むことができます。

 

たくさんの想いの循環があればあるほど、人のつながりが広がります。

私たちの未来の社会を支える力と、そこへの希望が湧いてきます。

 

”未来のあたりまえ” な「お金」の在り方を

この講座を通して共に感じ考えていければと思っています。

 

 

・「未来のあたりまえを今ここに」を大切にしている私たちがお金について考えていること(準備中)

・下記Q&Aにも価格に関することを記述しています。

 


お申し込みはこちら

(開催スケジュール)

講座情報一覧からご都合の良い日をお選びください。
※随時更新してまいります。※各論編は準備ができ次第案内を始めます。


 

  日付 定員
概論編 8月28日(金)19:00〜21:30 12名/満員御礼!
概論編 9月27日(日)10:00~12:30 12名/満員御礼!
概論編 10月28日(水)19:00〜21:30

12名/満員御礼!

概論編 11月18日(水)19:00〜22:00

12名/満員御礼!

概論編 12月16日(水)19:00〜22:00 のこりわずか
概論編 1月13日(水)19:00〜22:00 12名 
概論編 2021年2月末ごろ  
概論編 2021年3月末ごろ  

運営団体について(問い合わせ)

場とつながりラボhome's vi

2008年に設立。場づくりの専門集団として各種コミュニティづくりの方法やファシリテーションの理論・手法を研究開発し具体的な現場で実践している。まちづくりから組織変革まで領域は多様で年間100以上のワークショップを実施している。近年はその目的を「未来のあたりまえを今ここに」という想いで共有し、理想的な生き方、働き方、関わり方を夢物語に終わらせず、今ここに体現していく事を目指して活動を進めている。組織としては第三フェーズとしての節目を迎えており、ホラクラシーをゆるく基盤におきつつ自分たちらしい新しい組織も模索しながら日々実践している。

 

質問・問い合わせ・各種依頼は

問い合わせフォームよりお問い合わせください。

 

メッセージの中に「ティール組織オンライン講座について」など内容に関する記述を加えたうえメッセージをお書きください。(担当:熊倉聖子)

 

企画監修兼講師:嘉村賢州

嘉村 賢州(かむら・けんしゅう)

場づくりの専門集団NPO法人「場とつながりラボhome’s vi」代表理事、東京工業大学リーダーシップ教育院特任准教授、『ティール組織』(英治出版)解説者、コクリ!プロジェクト ディレクター(研究・実証実験)。集団から大規模組織にいたるまで、人が集うときに生まれる対立・しがらみを化学反応に変えるための知恵を研究・実践。研究領域は紛争解決の技術、心理学、先住民の教えなど多岐にわたり、国内外を問わず研究を続けている。実践現場は、まちづくりや教育などの非営利分野や、営利組織における組織開発やイノベーション支援など、分野を問わず展開し、ファシリテーターとして年に100回以上のワークショップを行っていた。2015年に1年間、仕事を休み世界を旅する中で新しい組織論の概念「ティール組織」と出会い、今に至る。最近では自律的な組織進化を支援する可視化&対話促進ツール「Team Journey Supporter」を株式会社ガイアックス、英治出版株式会社と共同開発。2020年初夏にサービスをローンチした。



嘉村が関わったティール組織関連書籍



Q & A

〇参加費の後払いに関して、一切目安がないと少し不安になります。本当にいくらでもよいのでしょうか?

はい構いません。私たちはお金の多寡で参加者の良しあしを測りませんし、少ないから私たちのセミナーが評価されないのだとも思いません。500円レベル~10万レベルまで終わったときに感じた金額をお支払いいただければと思います。同時に近年日本においてもギフトエコノミー的なチャレンジは増えてきているのですが、二つの傾向を感じています。

 

一つは「ギフトエコノミ=安い」という認識です。私たちも働く個々人が家族を支えて暮らしている人たちです。その人達の生活を守っていかなければなりません、また、お金はエネルギーでもあり、やはり多くあることでもっと社会に良いものを提供できると日々感じています、そういう意味でも大きなエネルギーをもらいたいと願っています。

 

二つ目は提示されないことがストレスになる。もしかしたら日本特有かもしれないですが「いくら払うのが適切(正解)なんだろう」と考えてしまう傾向が強いようです。私たちは参加者を悩ませることを目指しているのではありません。私たちはお金のあるなしに関わらず、私たちの知恵を活用している人たちにサービスを届けたい。同時にお金のエネルギーを回すことで、私たちが幸せに暮らしたいし、より多くのものを届ける団体に成長したいという願いを持っているだけです。提供価値への対価という認識ではなく、セミナーを通じて表現した私たちのメッセージや未来像に参加費という形で応援してほしいという気持ちなのです。

 

なので罪悪感や比較論ではなく、無理のない形で、でも大胆に金額を決めてほしいのです。そして、私たちへの応援はお金だけが形ではないと思っています。スタッフに一人ひとりに感想の声をいただいたり、この講座の存在、ホームズビーの存在を皆さんの周りに広げていただく。そういった違う形も私たちを強く支えるものになると思っているのです。

 

〇会社からの経費で参加したいのですが領収書などの発行はしてもらえますか?また事前に金額を提示してもらえたりできますか?(事前承認がいるので困っています。)

領収書の発行は可能です。支払い時にその意図をお伝えください。また事前決済用の価格ですが、概論編は2万円、各論編はそれぞれ3万円として考えていただくのが良いと思います。今のビジネス社会の基準でいくと私たちのセミナーは上記の金額設定の水準として準備を進めています。

 

〇いつ頃各論編は開催されますか?

年度内に最低2回ぐらいは開催したいと考えていますが、現状また未定です。定期的にこのホームページに情報を更新していきます。また、概論編の受講者には直接、各論編の講座スタートの案内は送らせていただく予定です。今まで代表嘉村の講演などに参加したことのある各論からの参加希望者は個別にホームズビースタッフに問い合わせていただけると幸いです。

 

〇セミナーで使うスライドや参加者向けの資料はありますか?
一部の資料を除き、当日のスライド資料はPDFとして共有予定です。メモを取ることにエネルギーを奪われることなく、セミナーに集中して参加していただければ幸いです。(PDFは後払い完了後にお渡しすることになりますのでご了承ください。)

 

〇耳で聴くだけの参加でもよいですか?あとで録画を見ることはできますか?

双方向のやりとりや対話を大切に進めたいので、できればカメラもマイクもオンの状態でご参加ください。通信環境によっては画面をオフにする必要がある方もいるかと思いますが、音声のコミュニケーションはできるようご準備ください。録画の配信は予定しておりません。

 

〇会社から2名で参加したいのですが、一社からの参加の人数制限はありますか?また、ペア割みたいなものはありますか?
少人数制のセミナーのため一つの会社から二名以下の参加を推奨しています。もし会社として共通言語として学びたいという場合、別の回に分散していただくか、別途講師派遣の依頼をしていただければ対応させていただきます。(別途有料)

 

〇セミナープログラムの受講後は、個別での相談やサポートを受けることはできますか?
今回のオンラインセミナーは入り口であり、今後継続的に学ぶ仕組みや経営者向けのフォロープログラム、各種ワークショップなどの提供も企画しています。個別支援に関しては当法人の人数に限りがあるため、状況によってはお引き受けできない場合がありますのでご了承ください。

 

〇組織コンサルタントをやっています。同業者でも参加可能ですか?

是非、参加してください。ティール組織の考え方でも競合という考え方はなく、同じ世界を実現する仲間として同業種を歓迎する組織が多くあります。共に学び合い、良い社会を作っていきましょう。